安室奈美恵「Hero(ヒーロー)」の作詞作曲は?過去の五輪テーマ曲も紹介!

この記事は4分で読めます

amuronamie1

安室奈美恵がNHKのリオオリンピック・パラリンピック放送で歌うテーマソングのタイトルが「Hero(ヒーロー)」に決定しました。

リオオリンピックは2016年8月5日~8月21日までの17日間、リオパラリンピックは2016年9月7日から9月18日の12日間で開催され、テーマソングは競技期間中と開催までに放送される関連番組に流れることになります。

NHKのテーマソングは「ひたむきに競技に打ち込むアスリートたちへの“人間賛歌”であり、その姿に明日への希望を見いだす人々への“応援ソング”」として選ばれました。

作詞作曲の今井了介さんとSUNNYBOYさんはどんな人でしょうか?

過去の曲も紹介します。

スポンサーリンク

テーマソングは安室奈美恵「Hiro」

今回のテーマソングを歌う歌手については「人々の胸に響く力強い歌声と、女性シンガーの第一人者として幅広い世代から支持されている」ということから安室奈美恵さんにテーマソングを歌ってもらうことが決定されました。

安室奈美恵さんはNHKのホームページで「4年に1度の夢の舞台、オリンピック・パラリンピックのテーマソングを歌わせていただくことになり、大変光栄に思っております。リオで戦うアスリートの皆さんへ、応援の気持ちを込めて、この曲を歌っていきたいと思います」とテーマソングに対する想いを話しています。

コメント動画はNHKのホームページで見れます。

amuronamie2

「Hero」の作詞作曲はこの2人

曲のコンセプトは

「ひたむきに競技に打ち込むアスリートたちを讃える」

「その姿に明日への希望を見いだす人々への応援ソング」

「多くの感動を与えてくれる」

として作成されました。

作詞作曲を手掛けるのはこの2人です。

今井了介(いまい りょうすけ)

imairyosuke1

紹介

1971年11月20日生まれ。音楽プロデューサー・トラックメーカー・リミキサー

1990年代後半から主にHIP HOP、R&Bのトラックメーカー、リミキサーとして音楽活動を開始。

1999年にDOUBLE「Shake」のヒットでプロデューサーとしての地位を確立しました。

2005年からは若手トラックメーカーの育成を目的として「Tiny Voice Production」を組織化。ここからはUTA、MANABOONなど新進気鋭の若手プロデューサーが輩出されています。

現在は、自身だけでなくZEEBRA、DJ KEN-BOとのプロジェクト「FIRSTKLAS」としてもプロデュースやアーティスト活動を行っています。

音楽を通した社会貢献活動にも非常に熱心に取り組み、2003年にはチャリティープロジェクト『VOICE OF LOVE』を主宰し、フィリピンやガーナへの学校建設や楽器のプレゼントなどを行っています。

担当アーティスト

安室奈美恵さんの曲として過去には

・安室奈美恵「Sexy Girl」

・SUITE CHIC(安室奈美恵) 「Just Say So」「You Got Time」「GOOD LIFE」

・DOUBLE&安室奈美恵 「Black Diamind」

を手掛けています。

他にも、

浜崎あゆみ・HOME MADE 家族・BENNIE K・w-inds.・FUNKY MONKEY BABYS・AAA・URATA NAOYA・三浦大知・田中ロウマ・伊藤由奈・LISA・MINMI・F.O.H feat.吉田美和・鈴木雅之・TSUYOSHI ・YA-KYIM・Sowelu・AI・VOICE OF LOVE POSSE・ZEEBRA・DA PUMP・ISSA・EXILE・Heartsdales・ラッパ我リヤ・山本領平・Palm Drive・宇多田ヒカル・kirari・ZEEBRA feat.DOUBLE・嶋野百恵・Folder・小柳ゆき・Sugar Soul・モーニング娘。などの人気アーティストの曲を手掛けています。

SUNNYBOY(サニーボーイ)

sunnyboy1

紹介

1986年7月10日生まれ。音楽プロデューサー・トラックメイカー・ラッパー・リリシスト
彼の原点は6歳~20歳まで過ごしたハワイのオアフ島。

ここで日本とUSの音楽を境目無く聴くことで独特の言語・音楽環境の入り混じった世界観を確立しています。
音楽に触れたのは幼少のころで、ピアノに始まり10代でHip Hop/R&Bバンドとして活動を開始。同時に作曲へ興味を持ちました。
その後ラッパーとして活動。
東京に活動拠点を移し、様々な音楽体験をベースとして当初JtoSとしてのアーティスト活動をしている中で今井了介さんと出会い、温厚かつオープンな人柄・音楽への執着・独特な言語による柔軟なトラックメイク・クオリティを追求する姿勢が共感を呼びプロデューサーとして活動することになりました。

プロデューサーとしては、09年にTinyVoice,Productionへの所属後、TinyVoiceの第2世代を牽引するプロデューサーとして成長。

現在ではプロデュース・編曲・作詞・Co-Prod.・英訳詞・ボーカルダビングなど100曲を超える作品を手掛け「脅威の新世代」と呼ばれています。

担当アーティスト

安室奈美恵さんの曲として過去には「FLY」を手掛けています。

他にも、

B.A.P・iKON・CREAM・BIGBANG・MAX・BENI・Miracle Vell Magic・V.A. album・BENI・LEO・All-4-One・w-inds.・MIHIRO~マイロ~・DEEP ・SKY-HI・J-BRO・DOBERMAN INFINITY・After Romeo・EXILE SHOKICHI・WINNER・Da-iCE・V6・SOL from BIGBANG RISE・TEE & ・2NE1・東方神起・樹-MIKI-・Edgar・佐藤広大・Jazzin’park・シェネル×TEE×LEO・V.I (from BIGBANG)・GENERATIONS from EXILE TRIBE・Full Of Harmony・KEITA・DAVION FARRIS・Kis-My-Ft2・TOMOSUKE×Jazzin’park・M.E.N・J-DAD・ELLIE・超新星 ・Sowelu・板野友美・佐々木希・Answer(with Crystal Kay) ・MOMENT (UP DOWN)・DJ Mike-Masa・GD&TOP (from BIGBANG) ・KENTARO TAKIZAWA・Gummy・Juliet・Buono・三浦大知・Jonte’ Moaning・ICONIQ・COMA-CHI・JtoS・Urata Naoya・Rsp・RAYS

などの人気アーティストの曲を数多く手掛けています。

 

今回、今井了介さんとSUNNYBOYさんは2人で音楽プロデュース活動をしており、今回も過去にプロデュース経験のある安室奈美恵さんに楽曲を提供することになりました。

スポンサーリンク

過去のテーマソング一覧

これまで開催されたオリンピックのテーマソングはこのような曲が起用されました。

1988年 ソウル 浜田麻里「Heart and Soul」

1992年(冬)アルベールビル(テーマソングなし)

1992年 バルセロナ 寺田恵子「PARADISE WIND」

1994年(冬)リレハンメル 高橋真梨子「遙かな人へ」

1996年 アトランタ 大黒摩季「熱くなれ」

1998年(冬)長野 F-BLOOD「SHOOTING STAR」

2000年 シドニー ZARD「Get U’re Dream」

2002年(冬)ソルトレークシティ MISIA「果てなく続くストーリー」

2004年 アテネ ゆず「栄光の架橋」

2006年 トリノ 平原綾香「誓い」

2008年 北京 Mr.Children「GIFT」

2010年(冬)バンクーバー L’Arc~en~Ciel「BLESS」

2012年 ロンドン いきものがかり「風が吹いている」

2014年(冬)ソチ コブクロ「今、咲き誇る花たちよ」

 

どれも大会を盛り上げた名曲ぞろいで曲を聴くと名シーンが思い出されます。

今回の「Hero」もみなさんの記憶に残る曲になる事間違いなしですね。

まとめ

今回、リオ・オリンピックのNHKテーマソングに起用された安室奈美恵さんの「Hero」

アスリートたちの活躍を後押しして大会を盛り上げ東京オリンピックにつなげてくれること間違いなしです!

曲の詳細は追って紹介していきます。

スポンサーリンク

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. helen2
  2. image
  3. harasawahisayoshi1
  4. mashubaker1
  5. ebinumamasashi1
  6. hanedatakuya2
    • タロウ
    • 2016年 8月13日

    良い歌と思うが、スティービー・ワンダーの「I just called to say i love you」のパクりっぽい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

     

リオ五輪特集

  1. harasawahisayoshi1
  2. hanedatakuya2
  3. oonosyouhei1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1