ワセリンでアトピー予防!原因はJAK1(たんぱく質)の突然変異!

この記事は2分で読めます

vaseline1

アトピー性皮膚炎を予防できる可能性が出てきました。

アトピーの予防法について研究し、論文にまとめたのは理化学研究所の吉田尚弘医師の研究グループです。

以前からアトピーには保湿が効果的であるという事は言われてきましたが、エビデンスがなく民間療法的な扱いとされてきました。

今回の研究結果はマウスから得られた反応ですが、人間にも同じ働きが確認されているという事なので、より効果的な予防法の確立が期待できます。

今回の研究結果について調べてみます。

スポンサーリンク

研究内容は?

今回発表された研究結果は「保湿剤のワセリンを塗布する事でアトピー性皮膚炎を予防出来る」というものです。

具体的には、アトピーを自然発症するマウスを遺伝子操作で繁殖させ、アトピーを発症するメカニズムを研究した結果、このマウスがアトピーを発症する際に「JAK1」と呼ばれるたんぱく質が突然変異を起こしている事がわかりました。

「JAK1」が突然変異を起こすと皮膚を保湿して保護する機能が低下。つまり、皮膚の角質が剥がれやすくなり、隙間から水分が抜けて乾燥し肌が荒れたり痒みが出たりするという事になります。

大人のアトピー性皮膚炎を発症した患者6名の皮膚組織を調べたところ、6人中4人の患者に「JAK1」の突然変異が見られ、その活動が活発になっている事がわかりました。

このことから、マウスに施したワセリンによるアトピー予防法が人間にも同様の効果が期待できることになります。

アトピーの予防方法は?

研究において、マウスがアトピーを発症するまでの期間は生後8〜12週であり、耳の部分から発症する事が多い傾向にありました。

ここで、マウスがアトピーを発症しない段階の生後4週から1日置きにワセリンを塗布して皮膚を保湿・保護した場合、皮膚の保護機能に改善が見られ、長期間にわたり発症しないという結果が得られました。

つまり、人間においても、生後間もない頃から習慣的にワセリンを塗布して皮膚を保湿・保護してやれば、アトピー性皮膚炎の発症は予防できる事になります。

まとめ

今回の研究でアトピーの原因となる遺伝子の働きが解明された事により、今後は遺伝だから仕方ないと諦める事なく、個人の体質や免疫力などの発症要因に応じた予防法や治療法が確立されていく事になるでしょう。

今後の進展に大いに期待したいと思います。

班長
俺も昔はアトピーで辛い思いをした!今回の研究結果は合格だっ!
新隊員
デタ〜!班長の合格発表〜!滅多に出ない大賛辞ですよ〜!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. aiba19
  2. biologing2
  3. replanter-4
  4. oyasumiroger1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. rio-men400m1
  2. rio1
  3. hagaryunosuke1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1