【グレーテルのかまど】格別!!濃厚クリームパンのレシピ

この記事は2分で読めます

家庭でおなじみのクリームパン。

ふんわり優しい甘さ。

それが、

大好物だった

杉浦日向子さん。

彼女の功績を影で支えていたのは

クリームパンと

それを作って食べさせたという

ご両親。

 

「杉浦日奈子のクリームパン」って一体どんなものなんでしょうか?

スポンサーリンク

杉浦日向子さんって?

日本の漫画家、エッセイストとして

活躍されていた方です。

浮世絵を下地にした独特な画風で、

代表作として、

『百日紅』が有名です。

体調不良があり漫画家を引退してからは

エッセイストとして

『コメディーお江戸でござる』で

江戸の歴史、風習などの解説コーナーを

担当していたそうです。

クリームパンと日向子さん

日向子さんは幼い頃からクリームパンが大好物だったそう。

それはというのも、

食が細く

偏食だった子供時代の日向子さんのために

母が用意していたおやつだったのが、クリームパン。

少しでも栄養が取れるようにと

用意していたのでしょうね。

クリームパンと同じ

優しさが伝わってきます。

大人になってからも、

日向子さんの

執筆の活力源になっていたそうです。

一体どんなクリームパンだったのでしょうか?

新隊員
たのしみですね~

注目のレシピとは?

日向子さんが子供の頃から親しんでいた

お母さんのクリームパンをに

近いものができるようなレシピではないでしょうか?

昔ながら

といったら

形状は

おなじみの

グローブ型ですよね。

今回は2種類のミルクを使用して

まろやか~

しなやか~に

仕上げるそうです。

 

中のクリームは

オーソドックスはカスタードですが、

何やら

一手間入れているようです。

通常の1.7倍の卵黄で濃厚カスタード!

 

パンが焼きたての、クリームが温かいうちに食べると

なお

おいしいそうです。

シンプルな中に

こだわりがあって、

レシピが本当に楽しみですね。

まとめ

卵たっぷり優しい味のクリームパン。

それが

日向子さんの母の味だったんですね~。

お家で

パンを作るって

お料理上手だったんでしょうね。

今のように

ホームベーカリーなんて便利なものなんて

ないでしょうし・・・

クリームも手作り、

生地も手こね、

娘の愛情が

ほんとーに伝わります。

ヘンゼルも

愛情込めてクリームパンづくりに取り組みます。

その愛情は

誰にでしょうね~。

グレーテルですかね~。

 

今回は日向子さんにちなんだ

和のテーブルセッティングです。

ノスタルジックなムードがありますね。

不思議と

ヘンゼルたちの家(スタジオ)と

馴染むんですよね。

 

今回も

見どころ満載の「グレーテルのかまど」

放送後

レシピなど追記していきたいと思います。

班長
乞うご期待!
スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。