高梨沙羅の次の試合日程は2月15日!W杯通算最多勝利に向けて調子は?

この記事は2分で読めます

日本女子

スキージャンプ選手の

高梨沙羅さん

今、

波に乗っている選手の一人です。

そんな彼女が

特に注目されている理由は・・・

スポンサ-リンク

2016-2017 スキージャンプ・ワールドカップでの成績

2017年2月5日、

オーストラリアで行われた

スキージャンプ

女子個人、第14戦に

出場した

高梨選手。

 

1本目のジャンプで89メートルで首位に立つと

続いての2本目、

92メートルと

最長記録を出し

合計254・8点で、

今季8勝目

通算52勝目を挙げました。

2位のカリナ・フォクト(左)

88メートルの見事なジャンプを飛ぶも

高梨には追いつかず

合計250.0点で2位。

3位のマレン・ルンビー(右)

合計245.2点で3位。

 

この通算勝利数は

男子の

グレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストラリア)の

53勝に並ぶものになります。

班長
イケメンだな!

今季の終了した大会数は

14大会になります。

その中で

8大会を勝利しています。

残すは

2017.2.11 第15戦を入れて

7大会になります。

 

11.12日のリュブノ戦は

過密スケージュールのため

大事を取って欠場の方向。

遠征を離れて

日本に一時帰国して

英気を養うのでしょうか。

 

通算最多勝利はもちろん

勝利数をどこまで伸ばせるかにも

期待がかかることになりそうですね。

 

スポンサ-リンク

高梨沙羅の調子は?

通算最多勝利記録を

塗り替えることはできるのか?

高梨選手の

今の調子を調べるとともに

強さの秘密を

探っていきたいと思います。

 

2015-2016のシーズンで

高梨選手は

17戦のうち14戦優勝という

圧倒的な強さで

総合優勝しました。

 

安定した強さには

彼女の周りの環境もあるのではないでしょうか。

 

北海道出身

お父さんが元ジャンプの選手

お兄さんも元ジャンプの選手。

当たり前のように

幼いときから

ジャンプをすることが

普通の環境です。

 

小学校2年生から

アルペン用スキーでジャンプを始め

その頃に活躍した

山田いずみさん

渡瀬あゆみさん

に憧れて

本格的にジャンプに取り組みようになったそうです。

そこから着実に

力をつけ、

化学工業メーカー クラレと

所属選手契約。

その2013-2014の

スキージャンプW杯では、

開幕、4戦連続優勝。

更には

通算最多勝利記録を何度も塗り替え、

圧倒的な強さを

見せつけました。

 

しかし、

直後に開催された

ソチオリンピックでは

誰もが金メダルを期待する

選手でしたが、

「魔物の風」に阻まれ

遠くから表彰台を眺める

悔しい結果に終わりました。

 

すべてが

うまくいく訳でもないのが

当たり前ですが

その中でも

高梨選手の強さの秘密は

冷静に

自分を見つめ直せるところではないでしょうか。

 

風なんて、

その時の「運」のものだと思いますが、

それも

実力の無さだと認め、

欠点とも言える

体格をも

味方につけるよう、

日々努力しているに違いありません。

 

体調面でも適度な休暇を与え

メンタル的にも

安定していると

考えて

今後の大会に

大いに期待できるでしょう!

隊員
日々鍛錬っスね
スポンサ-リンク

まとめ

ジャンプ界のサラブレッドとして

これまで

注目されてきた

高梨選手。

 

注目されながら

惜しくも

期待に添えない結果も乗り越えた上で、

今季

最高の状態で

記録に挑むことになりそうです。

 

2月15日、

自身の理想のジャンプで

勝利して

最高の笑顔がみたいですね!

 

今後も分かり次第

随時追記していきたいと思います。

スポンサ-リンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。