熊本地震速報!現在の被害状況まとめ。活断層による地震と判明!

この記事は5分で読めます

kumamotojishin4

2016年4月14日の午後9時26分頃、九州地方を震源とする地震が発生。

震源の深さは約11キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.5と推定され最大震度7(熊本県益城町(ましきまち))の揺れを観測。

津波の心配はないようです。

16日01:25頃に起きたM7.1の地震が本震と見られています。

日本での震度7は東日本大震災(2011年3月11日)以来となり、九州では初めてで規模的に福岡沖地震を超える最大級の地震です。

今回の地震は「平成28年熊本地震」と名付けられました。

「激甚災害」に指定。(詳しくは激甚災害で説明。)

「特定非常災害」に指定。阪神大震災、新潟県中越地震、東日本大震災に続き4例目となります。

現在も余震が続いているので、くれぐれも二次災害にご注意ください。

荒天後の土砂災害や河川の決壊に注意、警戒して下さい。

現在判明している情報をまとめます。

5月30日防衛大臣が自衛隊に対し熊本地震に伴う災害派遣からの撤収命令を下令。

4月14日から5月30日までの間自衛隊員述べ81万4千人が災害派遣任務に従事。

スポンサーリンク

地震発生時の状況

地震発生時の状況です。

kumamotojishin3

現在の状況

【地震の状況(震度5以上)】

・14日22:07分頃:震度6弱 震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約10km、M5.7と推定)

・14日22:38分頃:震度5弱(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約10km、M5.0と推定)

・15日00:03分頃:震度6強(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約10km、M6.4と推定)※余震ではなく別の活断層による地震の可能性あり。

・15日01:53分頃:震度5弱(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約10km、M4.8と推定)

・16日01:25分頃:震度7(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約12km、M7.1と推定)※布田川断層帯のズレで発生した本震と見られている。

・16日01:44分頃:震度6弱(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約12km、M6.0と推定)

・16日03:03分頃:震度5強(震源地は熊本県阿蘇地方 震源の深さは約20km、M5.8と推定)

・16日03:55分頃:震度6強(震源地は熊本県阿蘇地方 震源の深さは約10km、M5.8と推定)別の活断層による地震

・16日07:11分頃:震度5弱(震源地は大分県中部 震源の深さは約10km、M5.3と推定)別の活断層による地震

・16日07:23分頃:震度5弱(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約10km、M4.8と推定)

・16日09:48分頃:震度6弱(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約10km、M5.4と推定)

・16日16:02頃:震度5弱(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さはごく浅い、M5.3と推定)

・18日20:42分頃:震度5強(震源地は熊本県阿蘇地方 震源の深さは約10km、M5.8と推定)

・19日17:52頃:震度5強(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約10km、M4.9と推定)

・19日20:47頃:震度5弱(震源地は熊本県熊本地方 震源の深さは約10km、M5.3と推定)

・29日15:09頃:震度5強(震源地は大分県中部 震源の深さは約10km、M4.4と推定)

・震度5を超える地震:17回

・身体に感じる揺れ(震度1以上):1,100回以上

   新潟県中越沖地震の回数(200回)を更新。

【救援活動等】

○ 派遣団体等

・自衛隊:防衛省は14日午後10:20頃、熊本市の陸上自衛隊北熊本駐屯地から初動対応部隊を益城町方面へ派遣。

班長
部隊長判断による情報収集の為の部隊派遣だな。
隊員
部隊長の英断ッスね!

 14日午後10:40分頃、熊本県知事は陸上自衛隊第8師団に災害派遣を要請。

  16日大分県知事も陸上自衛隊に災害派遣を要請。

 派遣状況 隊員21,000名規模、航空機12機、艦艇9隻 捜索及び人命救助活動中

全国から逐次災害派遣部隊が出発。

 益城町役場にて15日午前03:00頃から炊き出しによる給食支援を開始

  給水車による給水支援開始

  陸海空の統合任務部隊を編成

  米軍に輸送支援を要請  オスプレイも利用

  即応予備自衛官を招集(300名規模)

・警察:4,600名規模 捜索及び人命救助活動中

  56名を救助

  熊本県警広域緊急援助隊を約290名派遣。

  大阪、兵庫、京都、奈良から約130名派遣。

  大阪府内から交代要員282名派遣。

・消防:3,300名規模 捜索及び人命救助活動中

  京都府の緊急消防援助隊約120名 、車両約40台 、ヘリ1機派遣。

・海上保安庁:巡視船21隻 航空機3機 捜索及び人命救助活動中。

・災害派遣医療チーム(DMAT):熊本県内24病院の医師や看護師ら26チーム 120人派遣。

・赤十字:大阪支部から職員を先遣隊として3名派遣。

・関西広域連合:先遣隊として3名派遣。

・福岡県水道局職員12名  給水車3両を派遣。

   大阪市、堺市、福井市も給水車を派遣。

・中国電力、四国電力:作業員90名  高所作業車と高圧発電機車計34台を派遣。

・韓国:17日に在留韓国人救助のための支援チームを派遣予定。

○   ボランティア等

・ボランティアによる支援態勢の確立が困難な為、現地入りの自粛を呼び掛け

・19日熊本市がボランティア受け入れ

・NPO法人「日本災害救援ボランティアネットワーク」:先遣隊5名を派遣

・NPO法人「日本レスキュー協会」:災害救助犬4頭、訓練士3名を派遣。

・国際医療NGO「AMDA(アムダ)」:医師6名を派遣。

○ 官邸

首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置して情報収集中。

午後11:00頃:「熊本県熊本地方を震源とする地震非常災害対策本部」を設置し会議開始

【被災状況】

○ 被災人員(確認されている数)

・死亡者:49名

   地震関連死亡者:16名

・ケガ人:1433名以上

・行方不明:南阿蘇村で1名

・避難者:熊本県内で約37,000人以上

○ 電力

・九州電力:佐賀県の玄海原発異常なし(停止中)。鹿児島県の川内原発異常なし(稼働中)。熊本県の苓北火力発電所異常なし。

復旧完了

○ ガス

・西部ガス:熊本地区復旧完了

○ 水道

・断水:復旧完了

○ 交通

  熊本県の在来線全線運休(18日鹿児島線荒尾―熊本間開通)

  豊肥本線の肥後大津~豊後竹田間の運転見合わせ

  (宮地~豊後竹田間で代行バスが運行中)

  南阿蘇鉄道全線で運転見合わせ

・高速道路:通行止め

   大分道(日田IC〜湯布院IC)

・熊本市内の道路でひび割れ多数。

・阿蘇の国道325号、県道11号が路面の亀裂や崩落の為寸断。

・阿蘇大橋、南阿蘇大橋も通行止め

○ 家屋等

・家屋被害:27,406棟以上(全壊2000棟以上)

・危険宅地認定数:1959件(東日本大震災を超える認定数)

・熊本城(熊本市内)で石垣が崩落(幅10m、高さ10m)及び屋根瓦が落下

   東十八間櫓が完全倒壊

・ 熊本県内の学校等73校で被害を確認

○   火山活動

・阿蘇山で噴火小規模の噴火を確認。

・気象庁が通常の火山活動であり地震との関連はないと発表。

○   その他

・熊本市内の小学校敷地内で液状化現象

・大分県別府港で液状化現象

・南阿蘇村で土砂崩れ

・南阿蘇村でノロウィルス感染者が発生

・熊本県内の1級河川の堤防損壊:100箇所以上

地震の概要

【地震の種類】

気象庁は横ずれ断層型との解析を発表。

震源が浅い場所で発生する典型的な活断層の活動による地震とみられています。

kumamotojishin2

【九州の活断層】

kumamotojishin1

今回の地震は熊本県の「布田川(ふたがわ)・日奈久(ひなぐ)断層帯」(九州最長で全長約101キロ)とその周辺に数多くある活断層のいずれかが動いたため発生した可能性が高いと分析されています。

気象庁も「この地域の過去に起きた地震と比べてメカニズムが一致」と解析しているようです。

現在の活断層の状況から、今後九州中部でM7.6程度、南西部でM7.2程度の地震が発生する可能性がある予想されています。

【地震の傾向】

日本で起きる大地震の傾向は2つあり、1つはプレート(岩板)境界が動く海溝型地震(東日本大震災など)もう1つは内陸の活断層が動く直下型地震(阪神大震災など)に大別されます。

今回の熊本地震は「キラーパルス」と言われる周期が1~2秒の揺れと、周期が0.4~0.6秒の短い揺れの2つのタイプが強かったと分析されています。

「キラーパルス」の特徴

・木造家屋に大きな被害をもたらす

・崖崩れを誘発しやすい。

阪神大震災の揺れのほとんどが「キラーパルス」であり今回の熊本地震とタイプがよく似ているそうです。

阪神大震災はM7.3で、熊本地震がM6.4のわりによく揺れたのは、動いた断層の真上か地盤が悪い場所だったようです。

今回の地震のパターンは、本震の後に余震が続きやがて収束していく「本震余震型」ではなく、2日前からの前震に引き続き発生した東日本大震災と同じ「前震本震型」の可能性があると地質学の専門家が分析されています。

気象庁は、今回の地震は熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で規模の大きな地震が同時多発的に発生したと言う見解を示しました。

要すると、阪神大震災のような「直下型地震」が東日本大震災のように「前震本震型」で「同時多発的」に発生したということになります。

【九州の過去の地震】

九州で過去に発生した規模の大きい地震は、最大のものが1889年にM6.3の地震が発生しており、その時の被害は死者20人、家屋の全・半壊400棟以上でした。

この他に1625年、1723年、1848年、1907年にもM5~6の地震が記録されています。

義援金・寄付金の募集

熊本地震の義援金・寄付金を募っています。

・yahoo(Yahoo!基金 熊本地震災害緊急支援募金

・日本赤十字社(平成28年熊本地震災害義援金

・赤い羽根共同募金(熊本県共同募金会)

まとめ

地震の震源が熊本から大分・阿蘇地方に連鎖しており、今後も別の地域で地震が発生する可能性が出てきたそうです。

今後1週間〜1カ月ほどは強い地震が発生する可能性が高いようですので注意・警戒してください。

引き続き情報を追記していきます。

災害時の安否情報にはグーグルやNTTなどのサービスを利用しましょう。

4月13日に起きたミャンマー地震(M6.9)も同様の規模のようでした。

班長
捜索活動、支援物資輸送、ライフラインの復旧に全力を挙げて二次的被害者の発生を局限せねばならんな!
隊員
みんなで頑張るッス!

災害派遣を経験した元自衛官が説明する被災者が本当に必要な支援物資はこちらです。

被災地での自衛官の生活についてはこちらで説明しています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kiyohara1
  2. myanma-2
  3. kiyohara1
  4. mito-hikizuri1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. ebinumamasashi1
  2. dosyo-sara1
  3. harasawahisayoshi1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1