LCVの意味って何?諏訪大社式年造営御柱大祭をリアルタイム放映!

この記事は2分で読めます

lcv1

諏訪大社で執り行われている「平成28年丙申年式年造営御柱大祭」の映像がLCVでリアルタイム放映されています。

LCVの意味とは何なのでしょう?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

LCVって何?

LCV(エルシーブイ)は1979年に設立された長野県諏訪市にある会社でした。

事業内容は下記のとおりです。

・テレビ・ラジオ放送

・イベント企画と広告代理業務

・放送及び電気通信に関する機器及びソフトウェアの開発

・日本放送協会(NHK)受信契約の取次

・コンピュータによる情報の処理ソフトウェアの開発及び販売、システムの管理  など

テレビ・CM関連、コンピュータ管理、NHKの取次などを行う地域密着型の小規模放送局のようです。

放送番組は?

LCVの放送番組は地域型で、長野県諏訪地域(岡谷市・諏訪市・茅野市・塩尻市・下諏訪町・富士見町・辰野町)の天気・道路状況・観光・福祉などの情報を中心に放送しています。

中でも特に目につく特化番組に「御柱祭」という神道系のお祭り・行事の番組がありました。

番組名もずばり「御柱」です。

 

放送内容は以下の通りです。

【天下の大祭を知る~諏訪大社式年造営御柱大祭直前情報~】

全国に知れ渡る天下の大祭「御柱」に挑む氏子たちの勇壮な姿や祭りの歴史、見どころまでをじっくりと紹介!

【生中継!御柱祭山出し】

7年に一度の天下の大祭を中継点をリレーしながら1日最大12時間にわたり徹底生中継!

諏訪大社式年造営御柱大祭の見せ場である「木落し」や「川越し」をはじめとする「御柱曳行」をリアルタイムで!

【Again もう一度 御柱祭! 上社山出し】

曳行開始から木落し・川越しまで上社山出しの感動再び!

見逃した人に朗報!再放送までしてくれています!

特設サイトも設置され、かなりの気合入れ込み具合がうかがえます。

放送内容は諏訪地方では収まりません!

【ネパールの御柱祭】

御柱を建てる信仰は世界にもある!

毎年秋に古代神々の王「インドラ」を祀るネパールの御柱祭について、この祭りの模様とネパールの様々な信仰・祭事を紹介しつつ柱建て信仰に迫ります。

地域放送局のはずが、近くの都市や国をすっ飛ばしてネパールまで行っちゃってます。

「御柱」にかける地域を超えて広がる熱意をヒシヒシと感じますね。

 

テレビだけではなくラジオ放送もありました。「LCV-FM 御柱ラジオ」(LCV-FM周波数は76.9MHzです)

ラジオ放送では御柱の位置・交通規制・臨時駐車場・シャトルバス運行など御柱の関連情報盛りだくさんで放送!

スマホのアプリもありました。

lcv2

まとめ

長野県諏訪地域からグローバルな視点で「御柱」を発信する会社「LCV」

地方にはこんなに熱意のある会社があったんですね。

7年に1度の大祭お見逃しなく!

隊員
ちなみにテレビは放送圏内のLCV会員しか視聴できないそうッスよ!
新隊員
インフラ整備に力入れて~!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. halloween2
  2. kisyou3
  3. gwtenkizu1
  4. google1
  5. fathersday1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. amuronamie1
  2. dosyo-sara1
  3. helen2

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1