映美くららなど宝塚OGチームがVS嵐で対決!自衛隊流の動きは通用するのか?

この記事は3分で読めます

4d5b1430f29253a80d4c16d2170c2fdc

毎週木曜日1900からフジテレビ系列で放送されている「VS嵐」に、ゲストチームとして宝塚OGチームが参戦しました。

実は、宝塚歌劇団と自衛隊は密接♡な関係にあるんです。

では、どんな関係なのか気になるポイントも含めて番組を紹介していきます。

スポンサーリンク

アトラクションの結果は?

まずは、アトラクションの結果を振り返ります。

ゲストの宝塚OGチームのメンバーはこの様な豪華メンバーでした。

真琴つばさ 真琴つばさ 

大和悠河 大和悠河

彩乃かなみ 彩乃かなみ

映美くらら 映美くらら

愛原実花 愛原実花

各組の大人気トップスターが勢ぞろいした豪華絢爛なチームで、徹底された厳しい上下関係と強固なチームワークで嵐チームに挑みます。

迎えうつ嵐チームにはプラスワンゲストとしてこの2人が加わります。

ab2c87ce86ae55c18d238d30d464359e
     篠原信一    前園真聖

結果については、ざっくり行きましょう。

大激戦の結果、嵐 790 pts  VS ゲスト 745 pts で嵐チームの勝利でした。

 

所々で見せた宝塚OGチームの上下関係には、自衛隊に通じるにおいを感じます。

また、嵐チームのプラスワンゲストの2人は元アスリートのはずなんですが、どんくさいところが多く嵐ファンの怒りを買ってしまったかもです。

やはり運動は続けないとダメなんだという教訓が得られましたね。

嵐の新曲発表!

嵐 復活LOVE

また、今回の目玉は何といっても、2月24日にリリースされたばかりの新曲『復活LOVE』が披露されるということで、ファンの食い付きようは半端なかったことでしょう。

「Baby don’t you go~ 行かないで 叫んでも 聞こえない♪・・・・・I miss you…」

山下達郎・竹内まりあ夫妻が手掛ける、サビのイントロとかめちゃくちゃカッコ良かったです。

自衛隊での訓練とは!

冒頭にも書きましたが、実は宝塚歌劇団と自衛隊は定期的に共同訓練を行っているんです。

その訓練の内容とは、「新入団生に対する基本教練」です。

 

ちなみに基本教練というのは、皆さんも習ったことがある、

「前へ~進め」「右向け~右」「気を付け」「敬礼」などの動作の事です。

(皆さんは敬礼まではやらないですね。笑)

 

宝塚歌劇団に入団して間もない団員に対して、中部方面隊にある部隊がこの基本教練を徹底指導します。

訓練場所は駐屯地もしくは宝塚歌劇団の稽古場です。

 

内容はと言うと、最初、劇団員が整列している前に訓練教官が登壇し、あいさつ・目的・訓練課目・到達練度などを説明します。

最初は和やかなしゃべり口調ですが、助教による展示で共感が「気を付けっ」といきなり大きな声で号令を発すると皆の顔色が一変します。

緊張感が高まり、場の空気がピンと張り詰めます。

まずは停止間(その場でやる)動作について、足のつま先を開く角度は60度だとか、手の指先は人差し指と中指の間に親指を付けて卵を包むように握るとか、顔の向きは正面でやや上を見るなど、1つ1つの細かい動作を説明して行きます。

いざやってみると、慣れない動作の為うまくできないんですが、できるまで延々と続けます。

皆が出来る様になってようやく次に進みます。

次は行進間(隊列を組んで行進)の動作を同じ様に説明して実施します。手を振る角度は前45度・後ろ15度、速度は1秒間に120歩、曲がる時も列は揃えたままなど、停止間に比べて1人1人が周りに合わせることが必要なため難易度が上がります。

号令に合わせ、手足の振りや前後の列、顔の向きなどが揃うまで10分、20分と延々と行進し続けます。

さすがに額に汗がにじみます。

しかし、ここで驚いてしまうんですが、みんな動作の呑み込みが抜群に早いんです。

途中から行進曲を流すと、全体が1つの生き物のような一糸も乱れない滑らかな動きをします。

さすがタカラジェンヌの卵だなぁと本当に感心します。凄いんです。

自衛隊の隊員でも難しい事を数時間で習得してしまう、集中力と向上心の強さにプロ意識を感じました。

訓練課目が終了すると最初のように並び、教官・助教から所見を伝え、記念撮影して訓練終了です。

訓練が終わると、みんな普通の少女の顔に戻って色々な感想を伝えてくれます。

話している時は、なんだかんだ言ってまだまだ若い女の子でした。(ブーツ重いんですね~って驚いてました。)

まとめ

現在の各組トップの方々も入団当時に厳しい訓練を経験しています。

舞台に立つ、凛として華やかな姿の裏側には、とても厳しい生活を耐え抜いた強さがあるんですね。

こんな感じで自衛隊と宝塚歌劇団とは、厳しい訓練を耐え抜いた”戦友”なんです。

それぞれ立つ舞台は違いますが、互いに切磋琢磨して貰いたいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. hukishi sota
  2. fukushi8
  3. kamiwazawanda10
  4. tsuchiyatao1
  5. hoshihiroshi2
  6. fukushi8
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. image
  2. rio-men400m1
  3. hanedatakuya2

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 4d5b1430f29253a80d4c16d2170c2fdc
  3. 1