【富田真由】退院はいつ?形成整形手術も必要か?今後の予定は?

この記事は1分で読めます

tomitamayu1

亜細亜大3年の現役大学生アイドルで岩埼友宏容疑者に襲われ瀕死の重傷を負っていたの「冨田真由」さんの意識が回復していたことが報じられました。

容体についてはまだ安定までは行かないようですが、意識はしっかりとしている模様。

意識が戻ったのは6月3日でそれまでは集中治療室(ICU)で治療を継続。

事件が起きた5月21日から約2種間ぶりに意識が戻り関係者は安堵しているようです。

それでは「富田真由」さんケガの容態や今後の予定について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

「富田真由」さんのケガは目ではない!

事件当初の報道で、「富田真由」さんはメッタ刺しにされ特に目をケガしたという噂が流れていました。

しかし、今回の発表では目を含む顔面というよりは、約20か所以上にわたり首周辺と胸を重点的に刺されていたことがわかりました。

首周辺という事ですが頸動脈や脳幹があり、人体の急所として非常に弱い部位と言われています。

頸動脈であればわずかな時間で出血多量による失血死となります。

また、首の裏側を通る脳幹を損傷すれば即死か植物状態、麻痺が残るといった重篤な状態になります。

胸付近についても、心臓や肺など内臓への致命傷となる損傷が少なかったため治療による回復が出来たのでしょう。

今回このような重傷には至らなかったという事は不幸中の幸いとしか言いようがありません。

退院前に形成手術が必要?

今後は、容態が完全に安定し医者の許可が下り次第当時の状況についての事情聴取が行われるようです。

退院の時期については、おそらく身体のケガについては早い段階で治癒するでしょう。

問題は全身に残るナイフによる傷痕を、整形もしくは形成の外科手術によって緩和させる必要があると思います。

この治療については何度も回数を重ねなければならないため、退院してからも長期にわたり治療が必要になることでしょう。

若い女性であるだけに心のケアも行わなければ、せっかく命が助かっても人生が死んでしまいます。

それを避けるため、医療関係者の方々には最善の治療を尽くしてあげてほしいと思います。

 

事件の経緯についてはこちらでまとめています。

岩崎友宏容疑者の精神鑑定についてはこちらでまとめています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. suzuki1
  2. senganourabeya-jiko4
  3. tanookayamato1
    • あのよろし
    • 2016年 10月12日

    善意の治療も何も、あまりにも当人もその周りも、物事に無関心だからそうなる。
    このアイドルのファンたら言う連中の応援メッセージ見ると、半数以上が、愛してるとかキモ過ぎるコメントを多く見かける。
    一時は死にかけてた人間に贈る言葉ではないような、阿呆な連中に囲まれているようだ。
    女を装う名前で、重体の相手に愛してるだのハートマーク付けるコメントしてる時点で、犯人の男と大差変わらない変人がまだいるらしいから、もう、社会的に向けてコメントせんで良いと思うけどなw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. dosyo-sara1
  2. rio-men400m1
  3. mashubaker1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1