バヌアツ地震M7!法則とは?被害状況速報まとめ

この記事は2分で読めます

image

2016年4月29日の日本時間で午前4時33分頃に、南太平洋バヌアツ諸島付近で地震が発生。

地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.0。

震源の深さは約10km。

この地震による日本への津波の影響はない様です。

今月に入りバヌアツで大規模な地震が連続発生している中で、「バヌアツの法則」というものが囁かれています。

被害状況と「バヌアツの法則」について調べてみます。

スポンサーリンク

被害状況は?

バヌアツ諸島はオーストラリアの東に位置する複数の島が集まった諸島で正式な国名は「バヌアツ共和国」
首都はポートビラで人口は約26万人。外務省によると在留邦人は82人です。

banuatu1 image

<4/30追記>

4月30日の日本時間で17:35頃、バヌアツ諸島のマレクラ島付近を震源とする地震が発生。

地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.0。

震源の深さは約4.8km。

津波の心配はなさそうです。

バヌアツの法則とは?

「バヌアツの法則」とは

“バヌアツ付近で地震が発生すれば連動して数日後に日本でも地震が発生する”

というもので、迷信とか予言の類ではなく統計学的に見た分析結果のことです。

現在の連動率は大規模地震で6割。

小規模のものを含めると、なんと8割を超えることが分かっています。

原因はプレートが隣りあっているので連動を起こりやすい為と言われています。

下の図から日本とバヌアツは同じ「太平洋プレート」の境目に乗っかっていることが分かります。

vanuatu

最近の大規模地震の連動を見ると、

中越沖地震の前にはバヌアツでM6.3の地震。

東日本大震災の前にはバヌアツでM7.1、ニュージーランド(カンタベリー)でM6.1の地震。

熊本地震の前にはバヌアツで最大M6.9の地震が発生し、その後M6を超える地震が1週間も続いていました。

今回のバヌアツ地震は「バヌアツ」〜「日本」〜「バヌアツ」と連動したものなのか、「バヌアツ」〜「日本」というセットの繰り返しなのでしょうか?

後者の場合、日本に再度規模の大きな地震が発生する可能性が高いと言えます。

まとめ

統計学的に高確率な「バヌアツの法則」

あくまで可能性の問題ですが、気にかけておいたほうが良さそうです。

地震に対して引き続き警戒が必要です。

<追記>

4/29午後15時9分頃に大分県中部でM4.4で震度5強の地震が発生しました。

連動でしょうか?

 

ミャンマー地震熊本地震の最新情報をまとめています。

被災地での自衛官の活動も詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tanookayamato1
  2. hatoyamakunio1
  3. kiyohara1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. hanedatakuya2
  2. hagaryunosuke1
  3. oonosyouhei1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1