「古墳女子」が熱い!グッズやアニメ「古墳ギャル」が人気急上昇中!

この記事は3分で読めます

kofunjoshi13

最近の女子って多趣味な方が多いですよね。

ニッチなポイントに萌える「○○女子」「○○ガール」などのジャンルが話題となって数年たち、これまでに「鉄子」「山ガール」「宙ガール」「歴女」「仏女」「マンホール女子」「モケジョ」「鉱物女子」「カープ女子」「スージョ(相撲女子)」「プ女子(プロレス萌え女子)」なんて名前が付いてたりします。

隊員
男なら「オタク」女だと「○○女子」って。

扱われ方にすごい差を感じるッス!

特に最近の流行は「刀剣乱舞」という、歴代の名刀を擬人化(イケメン化)させキャラクターにしたオンラインゲームのファンが急増し、日本刀を愛でる「お刀女子」に注目が集まったりしています。

そんな中で、新たなジャンルが生まれジワジワと人気が出てきているのが「古墳」。

古墳に目が無くて日本中の古墳という古墳を尋ね歩く「古墳女子」が増えてきているそうです。

わかる人にはわかるんですね!古墳の良さが‼

皆さんも好きですよね?前方後円墳とか。

という事で、古墳大好き「古墳女子」や話題の古墳グッズとアニメについて調べて行きます。

スポンサーリンク

古墳とは?

まず、古墳って何だったっけ?という疑問について説明していきます。

古墳って何?

古墳とは簡単に言うと弥生~奈良時代の偉い人(権力者)のために作られたお墓の1つです。

偉い人(天皇や皇族・豪族など)ほど規模が大きくなる傾向にあり、形や大きさで権力を誇示していたようです。

特に天皇が埋葬されたと言われている古墳(天皇陵)は、宮内庁(天皇家をお世話する官庁)が立ち入りを拒否していて調査が進んでいないため、未だに謎が多く詳細がわかっていません。

古墳の数は?

日本国内で現在判明しているだけ数は161,560基となっています。

最も多い都道府県は兵庫県で16,577基。その他、千葉県13,112基、鳥取県13,094基、福岡県11,311基、京都府11,310基となっています。

弥生~奈良時代に栄えた地域で多くの古墳が発見されているようですね。

古墳の種類は?

種類は豊富で、基本的には丸っこい円墳や四角い方墳。変わったものだと八角墳(天武・持統天皇陵)・双方中円墳(櫛山古墳・楯築古墳)・上円下方墳・双方中方墳(明合古墳)・帆立貝形古墳(乙女山古墳)なんてものがあります。

人と違う種類にすることで、「偉いんだぞ!」感を出していたんですね。

このように古墳はとても奥が深く神秘的で、権力者の威厳に満ちた建造物なんです。

「古墳女子」は、この「権力者の威厳」に萌えてしまった女子の事で、強さに惹かれるのは昔から変わらないんですね。

ちなみに「古墳女子」の総本山とでもいうべき「古墳にコーフン協会」というものも存在しており、日夜、古墳にまつわる情報発信をしています。

班長
略すると「古女」だな!
隊員
班長!「墳女」じゃないっスか?!
新隊員
2人とも~!

そんな呼び方したら袋叩きにされますよ~!

こんな古墳グッズが!

「古墳」のある地域には「ご当地古墳グッズ」がたくさんあります。

愛知県:志段味古墳群「しだみこちゃん」

kofunjoshi11

奈良県:キトラ古墳「三角縁神獣鏡コースター」&「古墳鍋つかみ」

kofunjoshi2

kofunjoshi1

大阪府:しおんじやま古墳「古墳ネイルシール」

kofunjoshi7 

埼玉県:熊谷市野原「ベアブリック」

kofunjoshi8jpg

千葉県:芝山古墳群「はにわ携帯ストラップ」

kofunjoshi9

フェリシモ:古墳グッズ

  kofunjoshi5

全国の古墳所在地でオリジナル古墳グッズが販売されています。

全国津々浦々の古墳グッズで家を埋め尽くしても面白いですね。

古墳が主役のアニメとは?

古墳が注目され始めたきっかけの1つにアニメがあります。

その名も「古墳ギャルのコフィー」

どんなキャラクターかって?

その名の通りです。いやホントに。

kofunjoshi12

コフィー:古墳ギャル(コギャル)、都立古墳高校2年2組の生徒。

年齢:17歳(人間の年齢に換算)

性格:好奇心旺盛で夢見がち、独善的、基本的には素直でいい子

2005年に蛙男商会(FROGMAN)が手がけたセメタリー学園ラブコメディ。

制作は「秘密結社鷹の爪」で人気を博した「蛙男商会(FROGMAN))」が手掛けています。

「古墳女子」たちの間で密かな人気を集め、『古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~』『古墳ギャルのコフィー~12人と怒れる古墳たち~』という劇場版も公開されています。

まとめ

全国に広がる日本古来からの権力の象徴「古墳」が女子の萌え心をくすぐり一大ブームになりそうな予感がします。

皆さんも観光という視点ではなく、趣味として日本の文化に触れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. mangapedia1
  2. zaha2
  3. bikkuriman12
  4. kochikame2
  5. edogawaranpo1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. harasawahisayoshi1
  2. dosyo-sara1
  3. oonosyouhei1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1