水虫には塩素系漂白剤(ハイター)が効く!?自衛官が薦める水虫対策!

この記事は4分で読めます

自衛官の「よく罹る病気ランキング」(著者調べ)で常にトップ争いを繰り広げている「水虫」

その水虫にとても効く治療方法があるんです。

 

それはずばり「塩素系漂白剤(ハイター)で足を洗う!」

 

いや、それって自衛官の根性論でしょうよ!

 

と思うかもしれませんが、

ネットで調べてみてもたくさんの方が実践している非常に効果の高い治し方なんです。

今回は「塩素系漂白剤で水虫を治す方法」について詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

水虫の原因は?

水虫って日本人の5人に1人は罹っているといわれてます。

自衛官でいうと4人に3人は罹ってるだろっていうくらい業界ではメジャーな職業病の1つですね。

 

ここで水虫になる原因と特徴をまとめてみると

  • 水虫は「白癬菌(はくせんきん)」という真菌(カビ菌)
  • 白癬菌はどこにでもいる
  • 感染者の皮膚のカケラから感染が広がる
  • 皮膚に付着後24時間ほどで侵入・定着する
  • エサは「ケラチン」
  • 温度15度以上、湿度70%以上になると急激に増殖する
  • 自覚症状はかゆみ・水ぶくれ・皮むけなど
  • 自覚のない症状(かゆくない)もある
  • 低温乾燥に弱い(秋~冬はシーズンオフ)
  • 深部まで侵入すると殺菌しにくいため再発しやすい

こんな感じのヤツです。

 

感染力が非常に強いので、足が水虫に人が歩いたすべての場所が感染源になります。

もはや「無差別テロ」ですね。

 

共用スリッパとか銭湯・プール・ジムなんかのバスマットとかは潜伏率ほぼ100%で間違いないので細心のご注意を!

 

 

実際、私もよく罹ってました。水虫。

 

なんせ、一日中半長靴(ブーツ)履いてて、そのまま走ったり格闘したり洗車したり...

常に靴の中は「ビシャビシャ」状態。

しかも演習で「状況(戦闘行動の訓練)」にでも入ったら短くても3日間以上は足を洗うなんてことはありません。

 

駐屯地の風呂場やシャワーはそんな「危険な足あと」だらけ...

ならない方がおかしいんです!

 

つまり自衛官の足は、水虫やんにとっての「理想郷(ユートピア)」なんですね。

 

塩素系漂白剤を使った水虫の治し方

ではさっそく、私が実際に試して効果があった水虫の治療方法を紹介します。

これは見た目「荒療治」ですが、理にかなった効果の高い方法です。

ただ、効果には個人差があり人によっては患部がひどくなることもあるので自己責任でやってください。

 

方法は「塩素系漂白剤で足を洗う」です。

商品名でいうと「キッチンハイター」とか「ブリーチ」なんかです。

 

>キッチンハイター 600mL 小★全品ポイント10倍!(P10倍)★★税抜5000円以上で送料無料★【10P01Oct16】激安祭

 

 

>カネヨ石鹸 キッチンブリーチ 600ml

 

 

この塩素系漂白剤には「次亜塩素酸ナトリウム」という殺菌・消毒効果の高い薬品が含まれています。

いわゆる「塩素」です。

プールに入ってて目が痛くなるやつです。

 

なぜ効果があるのか?

水虫菌=カビ菌なので。

 

実践方法

  • 水で薄めた(1/10程度)モノに患部を浸けます。
  • 時間は10~15分くらい。
  • 終わったらよく洗う。

これだけです。

 

定期的に行うとより効果的です。

 

ただ、裂傷があってピリピリするようならやめた方が良いです。

軟膏タイプの薬に切り替えて裂傷がなくなってからやってみてください。

 

取り扱い上の注意点は3つ

1.飲んではいけません!

2.当然「混ぜるな危険」なので酢や炭酸といった酸性のモノは近くに置いてはいけません!

3.密室ではなく換気した場所でやってください!

 

私は何度かやってますが、定期的にやっていれば水虫は出ませんでした。

さすがに長期演習なんかでは再発(というより新規発症?)することはありましたけど。

 

自衛隊で使ってる水虫の薬は?

塩素系漂白剤を使った方法はちょっと勇気がいるかもしれません。

なので、自衛隊で使われている薬を紹介しておきます。

 

水虫にとって最高の環境を提供している「自衛隊」ですが「バイオテロ対策」も任務に含まれているので対策本部があります。

 

それは...「医務室」

各駐屯地に設置されている聖域です。

 

その自衛隊の医務室は水虫によく効く薬を出してくれます。

 

水虫軟膏(主成分:クロトリマゾール)

クロトリマゾールは、カンジタ・白癬・水虫・いんきんたむし等に利用されるイミダゾール系の抗真菌薬です。

これは、塗り薬なんで皮膚への浸透が早いので即効性が高いのと副作用が殆ど無いことが売りです。

 

テキテキ(主成分:木槿皮エタノール抽出液)(液薬)

「木槿皮」はモクキンピと読みます。

アオイ科のムクゲという木の幹皮を基原とする生薬で、ノナノン酸やタンニンなどが含まれてて、そのエキスが水虫・たむしの治療薬として効果的なので「漢方の水虫薬」と呼ばれてます。

 

超マイナーな薬なので、一般の薬局で見かけることはほぼないんじゃないでしょうか。

 

自衛隊で使われる薬は高品質なものが多く効果はお墨付きです。

この自衛隊で使われている2つの水虫治療薬ということで、ほんとよくお世話になりました。

効き目は抜群です!

※駐屯地ごとに取り扱ってる治療薬は違うかもしれません。

 

市販されている水虫治療薬を選ぶときは、この2つの成分が含まれているものを選ぶと良いですよ。

※効果には個人差があるので保証まではできませんので悪しからず。

 

 

ちなみに自宅で薬を使う時(足水虫)のおススメの塗り方は

1.裂けている場合は軟膏タイプ、それ以外は液体タイプを使用

2.患部をくまなく洗う

3.めくれる皮はめくり取る(傷にならない程度まで)

3.水虫の箇所だけでなく広い範囲に塗る(全部の爪先から踵まで)

4.靴下をはく

これを風呂上がりにやって、2~3日続けると水虫の症状は治まります。

 

ただし注意点が2つ。

水虫は、きれいになったから「治った」と思って薬をやめるとすぐに「再発」します。

しかもバージョンアップして!

 

水虫菌(白癬菌)は角質の奥に入り込むと、薬を塗ってもすぐには死滅しません。

潜伏しながら、薬の効果に耐えつつ耐性を付けていくため、次に再発した場合には同じ薬だと効果が薄れます。

なので、治療を始めたらだいたい「1か月くらい」は続けるようにしましょう!

 

2つ目は「靴などは買い替える」です。

一度でも水虫の状態で使った靴などには、当然「潜んで」ます。

治ってからまた同じ靴などを履くと、また一からやり直しです。

水虫が収まってからしばらくしたら、靴などは買い替えることを忘れないでください!

 

まとめ

今回は「塩素系漂白剤を使った水虫の治し方」について紹介しました。

これはあくまで「民間療法」なので、確実に治したいならば「病院(皮膚科)」に行ってください。

中々治らないようなら「専門家」に任せるのが一番だと思います。

 

水虫は誰でも罹る可能性がありますが、普段から清潔にしていればある程度は予防できます。

24時間以内に一回以上はしっかりと洗う習慣をつけましょう!

 

今回の記事内容はあくまで私個人の経験に基づくものなので、自衛隊や関係機関には一切関係ありません。

自衛隊に問い合わせ等されないようお願いいたします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。