【パンプキン】小川真澄の現在(画像)は?娘の病気の理由は自分だった!?

この記事は2分で読めます

【パンプキン】小川真澄の現在(画像)は?娘の病気の理由は自分だった!?

3月17日に放送された「爆報!THEフライデー」(TBS)に

元アイドルグループ「パンプキン」のメンバー

小川真澄(おがわますみ)さん(44歳)が出演しました。

 

今回の特集は「元アイドル壮絶子育て&あの人は今…大追跡SP」

ということで、小川さんの現在の状況や

娘さんが知的障害を抱えることになった経緯などについて

話されていました。

詳しい内容について画像なども含めてまとめてみます。

スポンサーリンク

アイドルグループ「パンプキン」とは?

【グループ名】パンプキン

【ジャンル】歌手

【活動期間】1987年 – 1993年

【所属事務所】サンミュージック

【メンバー】

城山美佳子(しろやま みかこ、愛称:みかりん):右

林千春(はやし ちはる、愛称:ちゃお)(1987-1989):左

小川真澄(おがわ ますみ、愛称:まーたん)(1989-1993):左

 

パンプキンは初め、城山美佳子さんと林千春さんの2人でデビュー。

途中、林千春さんが体調不良のため脱退することとなり、

その交代で入ったのが小川真澄さんです。

パンプキンとして番組タイアップ曲など合計6曲をリリースしました。

  • 「プレッジハート(誓約)」1987年 NHK『アニメ三銃士』EDテーマ
  • 「太陽のハレーション」 1988年 NHK『アニメ三銃士』EDテーマ
  • 「そよ風の騎士(ナイト)」 1989年 テレビ東京『週刊歌謡マガジン』テーマソング
  • 「恋はおまかせ」 1989年 テレビ朝日系アニメ「エルとプルー」主題歌
  • 「エルプルたいそう」 1989年 テレビ朝日系アニメ「エルとプルー」挿入歌
  • 「感じるんです」 1990年 フジテレビ系『志村けんのだいじょうぶだぁ』EDテーマ

 

1993年に解散しました。

小川真澄の現在(画像)は?

小川真澄さんはパンプキン解散後、芸能界から引退

 

現在は、タレント養成所サンミュージックアカデミー米子校の

総主任を務め、2012年10月には自身プロデュースの

アイドルユニット「Chelip」をCDデビューさせました。

 

またDARAZ FMの 「ブランニューサンデー」

 

(毎週日曜日 12:00~14:00)

という番組のパーソナリティを務めています。

 

過去に2度の離婚の経験もありますが

現在は小川さんの勤め先であるタイヤ店の社長と再々婚。

鳥取県米子市で旦那と子供3人(女の子)の5人家族で

家族円満に暮らしているそうです。

娘の病気の原因は自分!?

今回、番組で語られたのは次女「凜佳(りんか)ちゃん(17歳)」

が幼少の頃に知的障害を患った経緯でした。

ことの発端は、生後6か月だった凜佳ちゃんが高熱を出した時に

病院に連れて行くのが遅れたため「細菌性髄膜炎」を発症。

「髄膜炎」の後遺症として「知的障害」が残ってしまった

ということでした。

 

「細菌性髄膜炎」とは

乳幼児によく起こり、3カ月未満では大腸菌、B群連鎖球菌

3カ月以降においてはインフルエンザ菌がクモ膜下腔に侵入し、

炎症を起こす病気。

症状は発熱・激しい頭痛・悪寒など風邪やインフルエンザに似ていて、

一般的に発症後24時間で病変はピークに達するため、

早期診断、早期加療が重要なポイントとなる。

予防には

  • Hibワクチン
  • 肺炎球菌ワクチン

が効果があるとされています。

 

小川さんは、自身の初期対応が遅れたことが原因で

「娘を知的障害にしたのは私だ」とずっと後悔していると

語っていました。

ただ、「細菌性髄膜炎」は発病すると致死率が高い病気

なので、一命を取り留めることができたのは

本当に不幸中の幸いだったと思います。

現在では、長女と三女の姉妹の協力もあって、

凜佳ちゃんは一人で買い物にも行けるようになるくらい

成長したそうです。

まとめ

今回は元アイドルグループ「パンプキン」小川真澄さんの

現在についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。