映画「エヴェレスト」の撮影現場(ロケ地)はどこ?過酷で危険な生活!

この記事は4分で読めます

エヴェレスト5

2016年3月、V6の岡田准一さんと俳優の阿部寛さんが出演する映画「エヴェレスト 神々の山嶺」が公開されます。

世界最高峰に挑む2人の男と迎えうつ大自然の驚異。なぜ山へ登るのか...その先に見えるのは・・・。

2人の男の運命を圧倒的なスケールで描いた壮大な感動超大作です。ワクワクしますね。

 

岡田准一さんの関連記事はこちら:福士蒼汰がひらパー兄さんに!映画撮影の場所(ロケ地)はここだ!

 

隊員
おいっ!寝るなって!寝たら死ぬぞ!

新隊員
先輩。自分はもうだめです。残置して行って下さい。

隊員
頑張れ!まだ行けるぞ!立つんだ!

新隊員
先輩。最後に聴きたかったなぁ。あの人の唄声。

隊員
誰の唄なんだ?

新隊員
原田知世さんの「悲しいくらいほんとの話」(ガクッ)

隊員
死ぬな~!

唄が気になる方はこちら:「セーラー服と機関銃」を比較!唄がうまいのは誰?橋本環奈VS長澤まさみVS薬師丸ひろ子VS...?

スポンサーリンク

主要キャストに注目!

 

【ストーリー】
「野心家の山岳カメラマン・深町(岡田准一)は、ネパールの首都・カトマンドゥで伝説化した孤高のクライマー・羽生丈二(阿部寛)に出会う。すべてをエヴェレストに賭け、他人を寄せ付けない人生を送ってきた羽生の過去を調べるうち、深町は彼の壮絶な生き様に飲み込まれていく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも、彼を愛し続ける女性・涼子(尾野真千子)と出会う…。標高 8,848m、氷点下50°C、呼吸すら困難な極限の世界で、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀(とうはん)に独り挑む羽生、そしてカメラを構えて羽生を追う深町。世界最高峰の地で、命を懸けて挑む男たちは、なにを見たのかー。」

今作品はの原作は夢枕獏による大ベストセラーで、キャストも超豪華かつ精鋭が揃っています。

主要な役どころを見ていきましょう。

1.野心家の山岳カメラマン 深町 誠

エヴェレスト1

普段は見る事ができない上髭をたくわえたおっさん臭い感じに野心を感じさせられます。

メガネを取ったら童顔と言うギャップがとても卑怯だと思います。

 

2.伝説のクライマー 羽生 丈二

エヴェレスト2

普段からよく見られる無精ひげを生やしたおっさんです。

ただ、その見た目は同じシルエットでも、演じる役柄で全く違う人物像を見せる事ができる本物中の本物です。

 

3.羽生の元恋人 岸 涼子

エヴェレスト3

失意にかられる薄幸のヒロインって感じです。

実際は、本物中の本物より本物です。

 

4.羽生のライバル 長谷 渉

エヴェレスト4

伝説や天才の相手として欠かすことのできない超引き立て役です。

このポジションがあることで、物語を右に左に揺さぶる事ができるのである意味、陰の主役です。

 

キャストの設定としては、王道を行く感じです。

「主人公・謎の人物・恋人・ライバル」この4人の織り成す複雑な人間関係も今作品の見所です。

 

撮影現場(ロケ地)はどこ?

「エヴェレストの撮影には現地のロケ抜きでは成立しない」と原作者の夢枕獏さんが語っているほど、実写化の困難な物語の監督を務めた平山秀幸さん。

撮影前に4回もエヴェレストに登りイメージを練っていたそうで、やはり欠かせないと思ったのがごまかしの効かない生の環境。

そこで選ばれたのがネパールの首都カトマンズと、ここからの登山ルートでした。

2014年4月に発生した過去最大級の雪崩によって、現地の登山案内人であるシェルパにも多数の死者を出す災害となったが、それに対する国からの補償が薄かったことからシェルパ達はストを敢行!

多くのTVクルーが撮影を断念していました。

そして追い打ちをかける2015年4月のネパール大震災。

エヴェレストの神々が2年にわたってキレまくっている所に今回の映画ロケ班は挑みました。

しかも3月〜5月。大震災の発生した時期であり皆に不安がよぎりましたが、映画のロケ班は幸いも影響は少なく無事撮影を終えることができたのです。

みんな”もって”ますね!

まさ神々に愛され認められた映画なんです!

 

エヴェレストのここが凄い!

 岡田准一さん達はエヴェレストでのロケ現場で大変過酷な経験をされてきたそうです。

ちなみに、エヴェレストの5200m級で映画の撮影がされたのは世界初という事で、クルー全員気合の入り方が全然違います。

そんなやる気にあふれたクルーたちを返り討ちにする大自然の驚異を語ってもらいましょう。

エヴェレスト6

1.動くだけで筋肉が削られていく!

エヴェレストのような3000mを超える標高で活動すると、平地に比べ何倍もの負荷がかかる為消費が著しく、どんなに鍛えていっても3~4キロくらい痩せてしまうのが当たり前だそうです。岡田准一さんらも3~4キロほど痩せたそうです。が、何事にも例外はあります!

尾野真知子さんだけは何故か同じ環境下にあったにも関わらず、3キロ太って帰ってきたそうです。たくましすぎる!

 

2.どんなに普段強がっている人でも弱音を吐いてしまう厳しさ!

今回、孤高の天才クライマーを演じた阿部寛。彼はテルマエロマエでも魅せた彫刻のような鍛え上げられた肉体と、下町ロケットで見せた不屈の精神力があります。が、実はかなりきつかったらしく、夜も眠れず(5000mを超えると苦しくて2時間おき位で目が覚める)、常に頭痛がしていて早く帰りたくて仕方がなかったそうです。過酷な環境というのは屈強な彼らでさえここまで追い詰めてしまうんですね。が、何事にも例外はあります!

尾野真知子さんだけは何故か同じ環境下にあったにも関わらず、トイレ以外は一度も起きてこなかったそうです。器が違う!

 

3.普段気の強い人でも優しくなってしまう雄大さ!

どんなに普段気が強く人にきつく当たってしまう人でも、悠然とした大自然に抱かれたら自尊心や見栄を張る自分が小さく見えてしまい、人格が変わってしまう人が多いそうです。自然では人に優しくなれるんですね。が、何事にも例外はあります!

尾野真知子さんだけは何故か同じ環境下にあったにも関わらず、超マイペースで毒舌をまき散らしていたそうです。この人でなし!

(これは、テンションを上げるためと、女性として気を使われたくなかったためだそうです。)

以上、尾野真知子のここが凄い!でした。

 

まとめ

今作品のテーマは「挑戦」ということで、年をとる事なんか関係無い、夢を追い続ける事の尊さと最後までやり遂げる強い意志を私たちに刻み付けてくれる映画です。

岡田君曰く「映画を見て元気が出たり、熱を感じる映画だと思うのでそういう風な目線で見てもらいたい」とのことでした。

早速、劇場に足を運んでみたいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. hagaren3
  2. hashimotokanna1
  3. fukushisota1
  4. ghostbusters3
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. mashubaker1
  2. rio-men400m1
  3. harasawahisayoshi1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1