ソナーポケットのコーダイが罹った急性重症すい炎とは?後遺症が怖い!

この記事は2分で読めます

sonarpocket2

Sonar Pocket(ソナーポケット)の

ko-dai(コーダイ)さん(年齢34歳)

(本名 川合 幸大 かわい こうた)さんが

患ったとされる病気は「急性重症膵炎」

「きゅうせいじゅうしょうすいえん」

という患者の10%が亡くなると言われる

重病でした。

 

この病気の年間の患者数は約6万人。

その内、重症と診断される割合は約20%です。

 

コーダイさんの現在の状況と

今後の活動について調べてみました。

スポンサーリンク

急性重症膵炎の発症原因は?

どんな病気?

急性膵炎とは簡単に言うと、

すい臓に発生した炎症により

激烈な腹痛が起こる病気です

 

症状の分類

症状の程度によって分類があり、

すい臓の腫れがすぐ治まる「軽症」と

すい臓だけでなくその他の臓器などにも

障害が起こったり、重度の感染症を引き

起こしたりする「重症」に分けられます。

 

今回、コーダイさんの診断結果は「重症」

つまり、すい臓以外も含めた「多臓器不全」

になっている可能性が高いようです。

 

これは厚生労働省にも特定疾患(難病)指定

されている病気の1つです。

 

発症原因は?

急性重症膵炎は中年男性(50~60歳)が

発症しやすい病気と言われていますが、

原因によって若年者でも発症するようです。

 

主な原因は「アルコール」と「胆石」

お酒をよく飲む人や胆石持ちの人の

発症率が高くなっています。

 

コーダイさんの発症原因は

「総胆管結石による急性重症すい炎」

ということなので尿管結石の悪化からくる

発症という事になります。 

後遺症が怖い!

治療方法は?

急性重症すい炎の治療には「血液透析」や

循環器管理などの集中治療があります。

 

すい臓の機能が減衰し、血液中に不純物や

余分な水分が溜まることで症状が

悪化するため透析により血液を浄化する

ことが効果的のようです。

 

後遺症は?

早期に発見され治療した場合、

病気の回復経過は比較的「良好」で

多くは発症前と同じまで状態まで回復

可能と言われてます。

 

しかし、重症区分の中で、膵臓が広い

範囲で壊死に陥った場合には「糖尿病」や

「消化吸収障害」などの後遺症を発症

することがあるようです。

 

発症した場合

  • 食事療法
  • インスリン投与
  • 消化酵素剤の服用

などの治療法を長期間続けていくことになります。

スポンサーリンク

今後の活動は?

コーダイさんは10月7日、仙台公演の

会場到着後に体調不良を訴え、

医師の診断を受け緊急入院したとあります。

 

つまり、早期発見でき緊急手術も行えたので、

症状が緩い段階で処置できたと思われます。

 

よって、今後は体調を見ながら、すい臓の

機能回復を待ってからの活動再開になる

と思われます。

まとめ

コーダイさんは、何より1人の時ではなく

周りに人がいる中で体調不良になり、

早期発見・対処ができたことが

不幸中の幸いでした。

ほんと良かったです。

 

元気に復帰して、また透き通る歌声を

聴かせてもらいたいと思います。

 

※今回の病気については難病情報センター

内容を元に作成しています。

スポンサーリンク

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. urashimasakatasen5
  2. sakaichika12
  3. inukainaoki2
  4. sakuradukayakkunn1
  5. image
  6. takachinoboru1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

     

リオ五輪特集

  1. dosyo-sara1
  2. amuronamie1
  3. oonosyouhei1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1