【レシピ】グレーテルのかまど「杉浦日向子のクリームパン」のまとめ!

この記事は3分で読めます

2月20日に放送された

「グレーテルのかまど」の

杉浦日向子のクリームパンレシピを

まとめてみました。

その他にも

グレーテルの残した、

黒板メッセージなども追記していきたいと思います。

スポンサ-リンク

グレーテルの黒板メッセージ

毎週、

グレーテルの今日の一言が

黒板に残っていて、

それに沿ったスイーツを

作っていく・・・という

展開になっています。

 

今回残っていた

黒板メッセージは・・・

 

キミに夢中!

   グレ

 

(書いてあった雰囲気のまま記載しました)

ぼくに夢中ってこと??って

ヘンゼルは言ってましたが・・・

かまどは知らんぷりで

魔法の本を

紐解くのを促していましたね・・・

新隊員
ミドリさんサイコーです

江戸をこよなく愛した

杉浦日向子さんとクリームパン

どんなエピソードが

待っているのでしょうか・・・

スポンサ-リンク

杉浦日向子のクリームパンって?

江戸風俗研究科、杉浦日向子さん。

生き生きと江戸を描き

多くの作品を世に送り出しています。

その後

エッセイやテレビ出演でも活躍されました。

そんな日向子さんの

元気の源は、

幼いときからの好物のクリームパンだそうです。

 

幼いころの日向子さんは

偏食で少食だったそう。

母親は

少しでも栄養を取れるよう

唯一の好物、卵を使ったカスタードたっぷりの

クリームパンを用意してくれていたそうです。

優しさと愛情いっぱいの思い出のクリームパンを、

ヘンゼルも思いを込めて作っていくようです。

スポンサ-リンク

お待ちかねのレシピ!

材料(焼き上がり直径14cm✕9cm)

~カスタードクリーム~

卵黄(M8個分)・・・・・・・・160g

牛乳・・・・・・・・・・・・・・375g

グラニュー糖・・・・・・・・・・113g

コーンスターチ・・・・・・・・・30g

バニラビーンズ・・・・・・・・・1/2本

 

~パン生地~

強力粉・・・・・・・・・・・・・250g

上白糖・・・・・・・・・・・・・63g

塩・・・・・・・・・・・・・・・3.5g

脱脂粉乳・・・・・・・・・・・・5g

バター・・・・・・・・・・・・・13g

ショートニング・・・・・・・・・13g

インスタントイースト・・・・・・5g

卵黄・・・・・・・・・・・・・・38g

コンデンスミルク・・・・・・・・13g

水・・・・・・・・・・・・・・・120g

 

溶き卵・・・・・・・・・・・・・適量

 

味わいのキメテかまどのオキテ

キメテ 黄身たっぷり!濃密やわらかカスタード

オキテ その1 コーンスターチで口溶けなめらか

    その2 2つのミルクでまろやかしっとり

    その3 クリームまでためらわず

 

作り方

~準備~

●バター、ショートニングは常温にしておく。

●オーブンを40度に温めておく。

 

~カスタードクリーム~

鍋に牛乳、バニラを鞘ごと入れ、火にかけて

沸騰直前まで温める。

ボウルに卵黄を入れてほぐし、グラニュー糖を加えてしっかり混ぜ合わせたら、

コーンスターチを加えてさっくりと混ぜる。

オキテ その1 コーンスターチで口溶けなめらか

グラニュー糖を混ぜたボウルに温めた牛乳の1/3を加えて溶きのばし

更に残りの牛乳を加えてなじませる。

こしながら鍋に戻す。

中火にかけ、絶えず底から混ぜながら、

沸騰してサラッとした状態になるまで火を通す。

火を止めてバターを加えて混ぜる。

清潔なバットに移してラップを密着させ、

氷に当てて一気に冷ます。

冷めたら冷蔵庫に移しておく。

 

~パン生地~

ボウルに強力粉、上白糖、塩、脱脂粉乳を加え、よく混ぜる。

鍋の水エオ35℃まで温めたら火を止め、

インスタントイーストを加えて溶かし、

溶いた卵黄、コンデンスミルクを加えて混ぜる。

オキテ その2 2つのミルクでまろやかしっとり

強力粉のボウルに鍋の水を加え、粉っぽさがなくなるまでよく練る。

台に取り出し、こすりつけるようにこね、持ち上げられるぐらいにまとまってきたら

台にたたきつけるようびこねる。

ラップをかけ10分休ませる。

バター、ショートニングを加え、再び台にこすりつけるようにこね、

持ち上げられるようになるまで台に叩きつけるようにこねる。

ラップをかけて10分休ませる。

表面を張るようにまとめ、40度のオーブンで60分発酵させる。

ガス抜きをして、もう一度40度のオーブンで30分発酵させる。

生地を8等分してラップをかけ、常温で15分休ませる。

~成形~

冷蔵庫からカスタードクリームを出し、ボウルに移しゴムべらで混ぜ、

かたまりになって落ちる程度にやわらかくする。

パン生地を楕円に伸ばし(厚さ5mm、長さ15cm程度)

折り目をくぼませる。

カスタードを大さじ2ほど載せて半月状に包み

とじ目をしっかり接着する。

カードで切り込みを3か所、クリームに届くまで入れる。

オキテ その3 クリームまでためらわず

40度のオーブンで60分発酵させる。

表面にはけで溶き卵を塗り、200度のオーブンで10分ほど焼く。

 

できあがり~

焼きたてのクリームが温かいうちがおすすめです!!!

常温保存で翌日までにお召し上がりください。

スポンサ-リンク

まとめ

ご両親の愛情がいっぱい詰まったクリームパン。

愛情と同じくらい

優しさに包まれることでしょう・・・

 

ちょうど、焼き上がりに帰ってきたグレーテルは、

部屋いっぱいに香る

甘い焼き立てパンの匂いに包まれて・・・

ヘンゼルの愛情に包まれて・・・

幸せいっぱいでしょうね。

 

杉浦日向子さんについて

こちらに載せていますので、

ぜひご覧ください。

スポンサ-リンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。