九州で大雨の地域はココ!いつまで続く?梅雨前線の動きをチェック!

この記事は1分で読めます

沖縄では梅雨が明け本格的に「夏本番」となりましたが、九州から関東にかけては「梅雨の最盛期」となりました。

東に伸びた梅雨前線によって、大きく発達した雨雲が九州全域を覆っていて、気象情報では「大雨注意」となっています。

6月24日(土)~25日(日)の週末にかけての九州の気象情報をまとめてみました。

スポンサ-リンク

大雨の地域の予想雨量は?

6月24日(土)~25日(日)の週末にかけて、

九州南部~九州北部で大雨となっています。

 

九州での予想雨量は「150mm 」

 

ちなみに近畿で120mm、四国では100mmと予想されています。

 

スポンサ-リンク

大雨はいつまで続く?

気象庁の発表した「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第2号」(24日05:05)によると、

  • 梅雨前線は「九州南部~伊豆諸島付近」でほとんど停滞
  • あす25日にかけて、前線は西日本をゆっくり北上する見通し

だそうです。

 

九州で6月24日(土)から降り始めた雨は、

昼過ぎには雷を伴った非常に激しい雨に変わる模様。

 

 

この雨は月曜日(26日)にかけて更に雨量が多くなる見込みです。

 

《警戒・注意》

  • 土砂災害
  • 低地の浸水
  • 河川の増水

《注意》

  • 落雷
  • 竜巻などの激しい突風
スポンサ-リンク

「非常に激しい雨」とは?

気象情報の用語で「非常に激しい雨」とは

「1時間50~80mm未満の雨が滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)状態」

のことで、水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなるくらいの

大雨のため、傘をさしても全く役に立たないくらいの雨量です。

 

スポンサ-リンク

まとめ

6月20日~21日にかけて短期間で大量に降った「1か月分が降った」と言われる雨とは違い、

今回の雨は「強い雨が2日以上にわたって長く降り続ける」ようですので、

土砂災害や河川の増水に対する警戒が必要になります。

外出は控えた方が良さそうですね。

 

もし外出が必要な場合は車両などの視界も悪くなっているため、事故に巻き込まれないように注意しましょう。

また、田畑の点検の際も、水路に落ちないようにしてください。

 

 

スポンサ-リンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。