【レシピ】グレーテルのかまど「ピエール・マルコリーニのチョコレート・エクレア」のまとめ!

この記事は3分で読めます

2月13日放送された

「グレーテルのかまど」の

ピエール・マルコリーニのチョコレート・エクレアレシピを

まとめてみました。

その他にも

グレーテルの残した、

黒板メッセージなども追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

グレーテルの黒板メッセージ

毎週、

グレーテルの今日の一言が

黒板に残っていて、

それに沿ったスイーツを

作っていく・・・という

展開になっています。

 

今回残っていた

黒板メッセージは・・・

 

チョコレートへの愛・・・❤

     byグレ

 

(書いてあった雰囲気のまま記載しました)

新隊員
グレってお姉さん設定ですよね

愛する人に渡すためだけではなく

自分へのご褒美として・・・

チョコレートへの愛が

止まらない

グレーテル、

さらには女子のためのスイーツを

今回は紹介してくれるのでしょうか?

男子の

ヘンゼルには理解し難いことなのか・・・

またそこも

魅力の1つなんですが。

 

期待が

一層高まります!!

ピエール・マルコリーニのエクレアって?

チョコレート好きではなくても

名前を知らない人はいないほど

有名な

ショコラティエ、ピエール・マルコリーニさん。

彼の手がける

ショップ名でも有名です。

彼が

こだわったのはビーン・トゥ・バー。

カカオ豆からの選別、焙煎など、

すべてを手がけること。

それにより

チョコレートの本来の

魅力を最大限に引き出せるのです。

今回は

チョコレートの違いをを存分に楽しめるように

3種類のエクレアを作って

食べ比べて見るようです。

お待ちかねのレシピ!

材料(長さ約6センチのもの15個分)

~シュー生地~

牛乳・・・・・・・・・・・・・・75ml

バター・・・・・・・・・・・・・35g

塩・・・・・・・・・・・・・・・ひとつまみ

グラニュー糖・・・・・・・・・・ひとつまみ

薄力粉・・・・・・・・・・・・・45g

卵・・・・・・・・・・・・・・・約80g

 

~カスタードクリーム~

牛乳・・・・・・・・・・・・・・125ml

卵黄(M1個分)・・・・・・・・20g

グラニュー糖・・・・・・・・・・20g

コーンスターチ・・・・・・・・・9g

フルール・ド・セル(天然塩)・・ひとつまみ

チョコレート(カカオ分78%)・36g

バター・・・・・・・・・・・・・12g

 

~上掛け~

フォンダン・・・・・・・・・・・100g

シロップ(水1:砂糖1のもの)・適量

チョコレート(カカオ分78%)・45g

 

~仕上げ~

チョコレート

 

味わいのキメテかまどのオキテ

キメテ カカオのアロマを体感!

オキテ その1 塩の花でカカオ際立つ

    その2 後入れバターがアロマを生かす

    その3 小さめエクレアは焼きすぎに注意

 

作り方

~準備~

●薄力粉をふるっておく

●オーブンを180℃にあたためておく

●クリームのバターは常温にもどしておく

●【上掛け】の作り方

砂糖と水でシロップを作る。

フォンダンをボウルに入れ、シロップを少し加えて練り、溶かしたチョコレートを加え混ぜる。

湯煎にあて、30~35℃にあたためる。

シロップを加えて硬さを調節する。

※硬さの目安は垂らした後がゆっくりと消える程度

※3種類作る場合はフォンダン、チョコレートの量を1/3にして3種類にする

 

~シュー生地を作る~

鍋に牛乳、バター、塩、砂糖を入れ火にかけ沸騰させる

火を止めて小麦粉を一気に加え、

表面がなめらかになるまでまとめる。

再び中火にかけ、鍋底に薄い膜ができるくらいまで

混ぜながら全体を加熱する。

鍋の中身をボウルに移し、溶いた卵を

数回に分け加え、かたさを調節する。

(生地につやがで、木杓子ですくうと3つ数えて

落ちるくらいのかたさ)

星の金具地をつけた絞り袋に詰め、

オーブン用の紙の上に長さ約6cmに絞り出す。

霧吹きで水をかけ、180℃のオーブンに入れる。

膨らんで色づくまで約30分間焼き、しっかり水分を飛ばす。

※膨らんでいる途中にオーブンの扉を開けない。

 焼きあがったら冷ましておく。

 

オキテ その3 小さめエクレアは焼きすぎに注意

 

~カスタードクリームを作る~

鍋に牛乳を入れ、火にかけ沸騰寸前まで温める。

ボウルに卵黄を入れほぐし、砂糖を加えてしっかりと混ぜ合わせ

コーンスターチを加えてさっくりと混ぜ合わす。

混ぜ合わせたボウルに温めた牛乳の1/3を加えて溶きのばし

更に残りの牛乳を加えてなじませる。

こしながら鍋に戻す。

フルール・ド・セルを加え中火にかけ、

絶えず底から混ぜながら、

沸騰してサラッとした状態になるまで火を通す。

 

オキテ その1 塩の花でカカオ際立つ

新隊員
天然塩がいい仕事するんですよね~

※出来上がりの目安は、サラサラしている、つやがある、

沸騰している

火を止めボウルに移し、チョコレートを加え混ぜる。

(3種類作る場合はここですべて3つに分ける)

常温のバターを加え混ぜ合わせる。

 

オキテ その2 後入れバターがアロマを生かす

 

バットに移しラップを密着させ、

郡に当て一気に冷ます。冷めたら冷蔵庫に入れる。

 

~エクレアを仕上げる~

冷めたシューの底に細い星の金口であなをあけ

カスタードクリームを詰める。

クリームを詰めたエクレアに上掛けのフォンダンをつけて

チョコレートで飾る。

 

冷蔵庫で保存して、お早めにお召し上がりください~。

 まとめ

ピエール・マルコリーニさんが

選別からこだわった

カカオ豆で作ったチョコレートの美味しさを

楽しめるエクレアになったのではないでしょうか。

 

一度作ってみて

ゆっくり味わってみてはいかがでしょうか。

 

ビーン・トゥ・バーについて

こちらに載せていますので、

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。