グーグルがミニオンGIFを謝罪! エイプリルフールのいたずらがやりすぎ?

この記事は2分で読めます

グーグルが4月1日のエイプリルフールにちなんだ悪戯について正式に謝罪文を掲載しました。

例年、エイプリルフールにグーグルは検索サイト上などに遊び心をもった悪戯を仕掛けますが、今回の悪戯は遊び心の域を超え利用者が実際に困るレベルに達してしまったようです。

今回の内容について調べてみました。

スポンサーリンク

グーグルのいたずらとは?

今回は、米Google内のGmailチームがいたずらを担当したようです。

内容はGメールの機能に追加された「Mic Drop」。

この機能は「マイクを落とす」と名付けられていて、送信ボタンの横にアイコンボタンが追加され、送信ボタンの代わりにクリックすると「王様の格好をしたミニオン(映画「怪盗グルー」のキャラクター)がマイクを落とす」というGIF画像が添付されたメールが相手に送信されるというものです。

google1

意味としては「あきれた。」や「何も言うことはない!」という事を表現しているそうです。

Gmailチームは、この機能を使って送信されたメールは開いてもメッセージと一緒にこのGIFが再生されるだけとなり、このメールへの返信はできないというものでメールの上での無意味な言い合いなどを終わらせる時に使うと便利と説明しています。

実際にはどんな問題があったのか?

今回実装された機能が与えた影響は

・重要なビジネスメールで誤ってこのボタンをクリックしてしまった

・上司宛の急ぎの重要なメールで知らずにこの機能を使ってしまい、いきなり電話で解雇された

などとても甚大な被害が発生したそうです。

このような悲劇が起きた理由は「ボタンの位置が使い慣れた普通の送信ボタンの近くにあったため」だという事です。

隊員
さすがアメリカ!ジョークも凝ってるけどそれに対する反応(解雇)も半端ないッスね!

まとめ

米GoogleのGmailチームはユーザーから届いた多くの抗議に対し反省。

すぐにこの機能を取り下げて謝罪をしました。

「今年のいたずらは自分たち自身がひっかかってしまったようだ。Mic Drop機能は笑いより頭痛をもたらしてしまった。心から謝罪します」

引用:米GoogleのGmailチーム謝罪文

班長
謝罪でなおジョークを挟むとは!

メリケン恐るべし。

新隊員
「メリケン」は、発音「アメリケン」からきているそうですよ~

エイプリルフールのいたずらで職を失った方々。

解雇通告も「ウソ」だといいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。