こち亀200巻の発売日や連載終了の理由は?秋本治は本名?発行巻数はギネス記録!

この記事は3分で読めます

kochikame2

週刊少年ジャンプに掲載されている

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が

2016年9月17日発売の第42号で最終回を迎えることを

作者の秋本治さんが発表しました。

 

「こち亀」は週刊少年ジャンプで1976年から続く

超長期連載漫画で現在の累計巻数は199巻。

最終話が収録される単行本は大台の200巻となるそうです。

 

今回の発表は秋本治さん自身が決めたことのようで

打ち切りとか体調不良などが原因ではないそうです。

では、具体的にどのような理由があったのでしょうか?

気になるところを調べてみました。

スポンサーリンク

「こち亀」200巻の発売日と連載終了の理由は?

「こち亀」は1976年の少年ジャンプ第42号から連載開始。

当初は短期連載を予定していましたが、

読者からの人気が高かったため連載を継続。

2016年の第42号をもって丸40周年を迎える

超人気漫画となりました。

 

最終巻となる200巻は2016年9月17日発売予定で

通常版と特装版の2つが発売されるそうです。

 

これまでにアニメ・映画・舞台・実写ドラマなどが発表。

「サザエさん」や「ドラえもん」に並ぶ

知らない人がいないほどの人気を得ています。

 

今回、連載40周年を記念して作者の秋本治さんが

漫画の舞台である葛飾区神田の神田明神に

「連載40周年記念完全描きおろし巨大絵巻物」を

奉納することとなりました。

kochikame1

この奉納式の場で「こち亀」の

連載終了を発表されました。

 

連載終了に理由については、

「終わっちゃうのは悲しいがおめでたいこと。

200巻で区切り。この機会を逃すと中途半端になる。

おめでたい時に終わるのが一番かな」だそうです。

 

直前まで発表しなかったのは

「このおめでたい日に自分の口で発表したかった」

という思いがあったそうです。

 

確かにどこかで区切りをつけるとしたら

「200巻」という数字はちょうど良かったのでしょう。

 

これまで1度も休むことなく連載を続け、

大記録の偉業を成した秋本治さんが

日本の漫画界に与えた影響は多大なものです。

作者の秋本治さんはどんな人?

「こち亀」を40年間育て上げた秋本治さんとは

どのような人物なのでしょうか?

akimotoosamu1

  • 本名:秋本 治(あきもと おさむ)
  • 旧ペンネーム:「山止 たつひこ」(やまどめ たつひこ)。
  • 1952年12月11日生まれ
  • 東京都葛飾区亀有出身で本郷高校デザイン科卒業
  • 代表作は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
  • 有限会社アトリエびーだま社長

小学3年生の頃から漫画に興味を持ち始め、

中学生の頃に母親に買ってもらった

石森章太郎さんの「マンガ家入門」にハマり

漫画家としての技術や知識を勉強。

 

高校卒業後は「タツノコプロ」で

「ガッチャマン」などの動画作成に従事。

 

病弱で入院がちだった母親の死をきっかけに

1976年(昭和51年)「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

で新人賞に応募。

 

月例ヤングジャンプ賞入選作品(4月期)に選出され

漫画家の山上たつひこさんの名前をもじった

「山止たつひこ(やまどめ たつひこ)」名義でデビュー。

途中「山上たつひこ」さん本人から苦情が出たため

本名の「秋本治」に変更したそうです。

 

短期連載の予定が人気漫画となり

現在までのコミックス発行部数は

累計1億5,650万部超。

ちなみにタイトルにある「亀有公園」は

亀有駅北口からすぐのところにありますが

「亀有公園前派出所」は実在しません。

 

短編集や読切作品はいくつかありますが

基本的には「こち亀」一筋40年です。

ギネス記録更新!

「こち亀」はギネス世界記録に認定されています。

記録は40年以上における週刊連載で

一度も休載していない「少年誌の最長連載記録」

 

200巻で連載終了となりますが

大記録は当分塗り替えられることはないでしょう。

 

可能性があるとしたら

「はじめの一歩」か「ゴルゴ13」でしょうか。

まとめ

今回は週刊少年ジャンプで40年にわたり連載されてきた

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の

連載終了について調べてみました。

 

40年間にわたり1度も休載することなく

続けてこられたことは前人未到の

素晴らしい偉業だと思います。

 

秋本治さんは次の作品についても構想があるそうで

いつの連載になるのかは発表されていませんが

引き続き漫画家を続けるそうです。

 

おそらく秋本治さんにとって

漫画は「趣味」なんでしょう。

これからも新しいキャラクターで

アイデアを形にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. edogawaranpo1
  2. bikkuriman12
  3. mangapedia1
  4. zaha2
  5. kofunjoshi13
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. kyoho-araki1
  2. oonosyouhei1
  3. amuronamie1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1