三宅健の手話がうまい!パラリンピックの感動も手話で伝える!【動画】

この記事は2分で読めます

image

2016年9月7日〜18日の間に開催される「リオデジャネイロパラリンピック」

NHKでは「みんなで応援!リオパラリンピック」という番組でハイライトが放送されることになりました。

パラリンピックの特集番組ということで「ユニバーサル放送」という、障害を持つ方々にも内容が伝わるよう手話、字幕、音声などを工夫して試合の感動や結果が伝わるようにするという試みが行われます。

「ユニバーサル放送」という新たな取り組みで放送される番組のメインパーソナリティを「V6の三宅健」さんが務める事が発表されました。

なぜ「V6の三宅健」さんが抜擢されたのでしょうか?

気になるところを調べてみました。

スポンサーリンク

三宅健は手話が上手!

8月3日に行われた番組の記者会見でメインパーソナリティを三宅健さんが務める事が発表されました。

三宅健さんはその場でのインタビューに対し全て手話を交えて返答して記者たちを驚かせたそうです。

コメントでは「パラリンピックの番組で手話を使うキャスタ-が出演するのは初めてなので今からワクワクドキドキしてます。まだまだ力不足ですがこういった形で手話を生かせる機会をいただいて今から気持ちが高ぶってます」と気持ちを語ったそうです。

リオパラリンピックでは23種目が行われます。

それぞれの種目を手話で表現することはとても難しいと思いますが、これまで何年もの時間を費やして習得してきた手話で聴覚障害を持つ方々にパラリンピックの感動を伝えて頂きたいと思います。

きっかけは聴覚障害を持つファン!

三宅健さんが手話を覚えようと決意したのはV6の結成10周年コンサートでした。

このコンサートに来てくれた聴覚障害を持つファンの女の子が手話で話してくれた内容がわからなくて、自身も悔しい思いをしたし、ファンの女の子にも悲しい思いをさせたからという事がきっかけとなったそうです。

そのあとすぐに手話の教室を探して週1回2時間のレッスンを3年続けたとのことでした。

ちょっとした思い付きではなく、真剣に考えて手話をマスターしようと努力されたんですね。

その結果2014年4月からは「NHKみんなの手話」に出演するほどに手話を習得されたそうです。

手話検定でいうと3級を取得されているとか。

ファンの女の子と手話で話す事ができたかどうかはわかりませんが、NHKの番組で手話を使う三宅健さんを見れば感激したに違いないでしょう。

image

因みに、ジャニーズでは三宅健さんの他にNEWS(ニュース)の小山慶一郎さんも手話を使えるそうです。

まとめ

今回はNHKでリオパラリンピックのハイライト番組のメインパーソナリティを務める事になった三宅健さんについて調べてみました。

三宅健さんは、V6のメンバーである岡田准一さんに「人生で出会った中で一番真面目で一番不器用な人」と言わしめるほど実直でファンの事を真剣に考えている人なんだそうです。

真心に溢れた温かい手話で伝えられるリオパラリンピックの熱戦の模様に期待したいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kanberanko1
  2. sakaichika4
  3. sikujiri1
  4. uratanuki4
  5. line11-40
  6. kinoshitayukina3
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. tokyogorin1
  2. rio1
  3. hagaryunosuke1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 4d5b1430f29253a80d4c16d2170c2fdc
  3. 1