ミャンマー地震M6.9!被害状況速報と予言?

この記事は2分で読めます

myanma-2

日本時間4月13日午後10時55分頃、ミャンマー西部を震源とするM6.9の地震が発生しました。

震源地はミャンマー西部(北緯23.1度 東経94.9度)で首都ネーピードーから北北西396.0kmの地点とされています。

被害状況についての詳細は現在確認中とのことです。

在留邦人数は1367人(外務省発表)とされており被災の有無も不明です。

スポンサーリンク

被災状況

myanma-4

myanma-1

震源に近いミャンマー西部のタム-の町の職員は、NHKの電話取材に対し、「揺れは感じたが強い揺れではなかった。今のところ大きな被害の報告はないが、市内をパトロールして、被害を確認しているところだ」と話しています。

(引用:NHK NEWS WEB)

隣のインドでも東部を中心に地震の揺れが観測されたそうで、屋外に避難する人々が多数いるようですが大きな被害の情報は上がってきていないようです。

<追記>インド北東部で大規模な停電により携帯電話回線などに障害が発生。

外務省では、現地から日本人の被害情報は現在入っておらず引き続き確認をすると発表されました。

予言している人がいる?

myanma-5

今回ミャンマーで起きた地震は4月13日の日本時間午後10時55分頃でした。

ツイッター投稿日時は4月13日午後12時14分となっていて、この時点でミャンマーでの地震発生を予測していたようです。

発生地点はインドとの国境沿いではなく逆側の中国との国境付近としていますが何か兆候があったのでしょうか?

この方の過去のツイッターを見てみると予知夢のような物を見たという内容の投稿がいくつか見られることから、何か予言めいた能力が有るのかも知れませんね。

隊員
不思議な力もあるもんなんスね!

過去の地震

ミャンマーでは、2016年1月4日(日本時間:午前8時頃)に、インドとミャンマーとの国境付近でM6.7の地震が観測されていました。

2015年にはネパールで大地震があり地域的に断続的な地震が続いています。

地震の原因はインド・オーストラリアプレートがユーラシアプレートの下に入り込む「地殻変動」により発生しているようです。

今回の地震もこの地殻変動の影響なのでしょうか?

細部は情報がわかり次第追記したいと思います。

まとめ

今回の被害状況についてはまだ不明ですが、被害が大きかった場合は国際緊急援助隊などの派遣が考えられます。

被害者が局限されることを祈ります。

班長
人に被害がなければ国は復興できる!
隊員
頑張ろう!被災地の皆さん!
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kasai1
  2. mito-hikizuri1
  3. image
  4. cyprus3
  5. tanookayamato1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオ五輪特集

  1. tokyogorin1
  2. mashubaker1
  3. dosyo-sara1

元自衛官の裏話

  1. 1
  2. 1
  3. 1