堤真一の「佐江内ダンス」がキレすぎ(動画)!振り付けのポイントは?

この記事は3分で読めます

今、世間で恋ダンスならぬ「佐江内ダンス」が注目されています。

さえ・・・うち?さえ・・・ない??読み方も分かりませんが、

人気ドラマから火がついた恋ダンスに便乗したのでしょうか?

すでに恋ダンス以上の人気になるのではないかとの声も。

「佐江内ダンス」について、どういうものか調べてみました。

 

佐江内ダンスとは?

日本テレビで人気俳優の堤真一さんが主演を務める

「スーパーサラリーマン左江内氏」がはじまりました。

 

ドラマの原作は藤子・F・不二雄さんのマンガ「中年スーパーマン左江内氏」。

今回のドラマも最近流行りの漫画を実写化したドラマでコミカルなキャラ設定が特徴です。

内容は堤さん演じる平凡な中年サラリーマンが怪しい老人から渡された

「スーパーヒーローになれるスーパースーツの力」で

さまざまな事件を解決していくというヒーローモノ。

 

脚本・演出は福田雄一監督。

「勇者ヨシヒコ」などを手がける人気急上昇中の監督さんですね。

共演者はいつまでもお美しい小泉今日子さんや、

アイドルグループ「AKB48」を卒業したばかりの島崎遥香さんと、

気になる方ばかりです。

 

エンディングは「三代目J Soul Brothers」の「HAPPY」に決定。

脚本だけでなくドラマのタイアップ曲も超豪華で、

ノリノリの楽曲に三代目じゃなくても踊りたくなりますねー。

 

実は、1年前に公演した福田監督の舞台で、

堤さんが「三代目J Soul Brothers」さんの

「ランニングマン」を披露したそうで、

それを知っている福田監督やスタッフは

「これは踊らないわけにはいかないでしょう!」となり、

エンディングに出演者でダンスをすることが決定したそうです。

2年前には堤さんが踊ることが決まっていたんですね~。

 

ドラマの放送が決まったのは2年前で、福田監督もツイッターでダンスは

1年前からの構想と話していましたが、ここにきて1つ問題が...

前クールのドラマ「逃げ恥」で「恋ダンス」が大流行!

 

「恋ダンス」の二番煎じのような印象になってしまうと心配になったそうですが、

思った以上の「逃げ恥」ブームに、開き直って「便乗しよう」ダンス推しで行く

決心をしたようですね。

 

ということで、実際に「佐江内ダンス」とはどのようなものか、

動画を調べてみました。

 

これが「佐江内ダンス」だ!!

恋ダンスに便乗とか勘違いしていて、堤さんに申し訳ないので、盛り上げてみました~。

早速、動画をどうぞ。

 

俳優さんってホントすごいですよね。

キレッキレじゃないですか。

役になりきるというか・・・なんというか。子役の横山くんまでもすごいです。。

元AKB48の島崎さん、元ももいろクローバーでドラマでは

左江内の部下役を演じる女優の早見あかりさんは、

さすがの実力でキレキレダンスを披露したようです。

 

堤さんは、スタッフから「早見さんの練習後に“練習はじめて30分後の姿です”」と

送られてきた動画を見て、完璧なダンスに「“おいおい、こんなに完璧に仕上げてくるなよ~。

俺もこの水準を求められるじゃないか…”と困ってたそうです。

 

振り付けを覚えるポイントは?

「腕のフリ」

「細かいステップ」

「静と動の切り替え」

ここのところを抑えて練習すれば上手く踊れそうですね!

 

佐江内さんの冴えない時の恋ダンス?

佐江内ダンスの動画を見ているときに見つけたので、

合わせてこちらの動画もどうぞ~。

 

 

まさかの“ダンスかぶり”でしたが、福田監督が機転を利かせ演出を考えたそうです。

左江内が一人カラオケで星野源の「恋」を熱唱。

カラオケ店店長役の佐藤二朗さんと恋ダンスを披露しました。

インターネット上では「日テレで恋ダンス!?ぶっこむなあ」

「2人のアタフタした恋ダンスが最高」と話題になっています。

 

 

“時勢に乗った面白さの追求”が持ち味である福田監督は

流行に乗っかるアレンジを考えて、

恋ダンスをパク○...オマージュしたんですね。

 

まとめ

「佐江内ダンス」って?から始まりましたが、色々あるもんですね。

新ドラマが始まると内容はもちろん、出演者、監督などの好みで見てみようかなー

なんて思ったりしますが、こんなきっかけもいいですね。

動画などでもダンスを完コピしたものがアップされていますが、

ダンス得意の現役高校生など本家よりキレていたりします。

負けじとサラリーマンパワーで踊って欲しいですね~。

スポンサ-リンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。